こどもメガネ専門店 ノイエ・キッズ スタッフブログ

<   2019年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

メガネの産地 鯖江 工場見学 その2

朝食のバイキングでは鯖寿司を食べ損ねてちょっと残念。
前回に引き続きキッズスタッフ川内です。

さて二日目、福井から鯖江に向けて移動します。
福井の街ではよく見かけた恐竜も鯖江に来るとあまり見かけません。
で、鯖江と言えばやっぱりメガネ。
オブジェはもちろんベンチの形もメガネだったり、
階段のこんな所にもメガネのマークがあったりします。

e0200978_22172854.jpg


























車中から流れる街の風景にもメガネの工場をよく目にします。
大きなところもあれば小さなところもいろいろあります。
本当にメガネの町だなぁと改めて実感します。

今回、見学させていただくところは2件ともプラスチックフレームを
作っている工場になります。
プラスチックフレームといってもアセテート、セルロイド、TR-90、ウルテム、ポリアミド、オプチル、べっ甲などいろんな種類がありますが
鯖江ではアセテートセルロイドなどの素材のメガネを作っています。
むかーし、むかしはプラスチックフレームのほとんどはセルロイドでしたが、
今はアセテート素材が主流です。
プラスチックフレームの事をセル枠、セルフレームと呼ばれたりするのはその名残です。

セルロイドには独特の風味、艶があり良いものなのですが、
素材自体が熱に弱く工場での管理などが難しかったり、
製作にも時間がかかり手間だったりするため、
熱に強く軽量で取り扱いしやすいアセテート素材が今では主流です。
またアセテート素材は色や柄の組み合わせが自由に出来て、カラフルでデザイン性の高いメガネが作れるのも人気の一つですね。

またプラスチックと言えば石油系を連想してしまいますが、
アセテートやセルロイドの生地は
綿花やパルプから作られた植物原料のプラスチックです。
なので、肌に優しくアレルギーの心配も少ないので小さなお子様にも安心ですね。

今回はそのアセテート生地でのフレーム製作の工程を見せていただいたのですが、
この生地にもいくつか種類があります。

発色の鮮やかさで有名なイタリアのトップブランドであるマツケリ
日本メーカーではタキロンダイセルなどがあります。
地元、兵庫県に工場があったりするので親近感が沸きます。

これらの生地をそのフレームの特徴やデザインに合わせて使い分けています。

フレームが出来るまでの工程は多いものでは200以上あるそうですが、
それらをすべては書ききれなのでまとめたものがこちらになります。

e0200978_22120523.jpg
写真は谷口眼鏡さんの冊子から抜粋


それでもかなりの工程があります。
メガネの職人さんというと1本のメガネをすべて自分で作って
組み立てていくイメージがありますが、実際は分業です。
磨く、削る、組み立てる など それぞれ専門のスキルを持った職人さんがいて
1本のフレームを作り上げていきます。

例えば下の写真などはすべてフレームの磨きをされています。
ですがそれぞれ荒羽布(バフ)磨きだったり、仕上げ羽布(バフ)磨きだったり分かれています。


e0200978_23025590.jpg

e0200978_23030097.jpg

今は機械化も進んで生産性は昔より高くなったとはいえ、機械を扱う職人さんの技術と経験がとても大事です。

下の写真ははバレル研磨といってこの中に組み立てる前のフレームを研磨用のチップと一緒に入れて角をとって研磨していきます。
ちょうど作業中だったので写真はちょっとブレていますw

e0200978_22081684.jpg


































バレル研磨はガラ(またはガラン)とも呼ばれています。
機械が回転していると、中のフレームもチップと一緒にガラガラと音を立てて回っているからだそうです。
年末によくあるガラガラ抽選の回すやつ(語彙力...)思い出しちゃいましたw

このバレル研磨にも荒ガラ中間ガラ仕上げガラと三段階の研磨があり、
それぞれで使用するチップの形や素材も違います。

ちなみに下の写真は中間ガラ用のチップです。

e0200978_22143275.jpg


































荒ガラと中間ガラでそれぞれ約1日、仕上げガラで約半日回し続けます。
ただフレームの生地やその日の気温や湿度、チップの状態によって回す時間がそれぞれ違います。
間違っちゃうとまたやり直し...
なので、この辺りも職人さんの確かな見る目や経験がとても重要です。

アセテート生地のフレームの場合よく見るとテンプル(メガネのつる)の中に金属の芯が入っていると思います。
こちらはシューティングといってそのテンプルに金属の芯を埋め込む機械です。

e0200978_23031111.jpg

かなり分かりにくいですが写真をよーく見ると手前の方にまっすぐなテンプルが写っていますね。
テンプルは120℃前後、金属の芯は320℃前後の温度にまで温めて
機械で一気に差し込むのですがこれも慣れない人がやると、
金属の芯にキズを付けてしまったり、テンプルに気泡が出来てしまうそうです。
見てる分にはスイスイとすごく何も難しくないよ、って感じで作業されてるのですがこれも職人の匠の技なのですね。

シューティング以外ではサンドイッチのように2枚に分けたアセテートの生地に
金属の芯を挟み込む張り合わせという方法もありますが、
作業効率の良いシューティングが今の主流のようです。
ただ金属のの芯が独特のデザインだったり特殊な形で差込みにくいものは、今でも張り合わせで作られているようです。

海外から見学に来られたメガネの職人さんが鯖江の工場を見てこう言ったそうです。
「まだそんな手間をかけて作っているの? うちではもうそんなやり方はしていないよ」

手間を惜しまず丁寧に1本1本、削り上げる、磨き上げる、作り上げる。
それが鯖江のフレームです。

今回、見学させてくれた工場の方は
「フレームを出荷するのは大事な娘を嫁にだす気持ちだよ」と少し照れくさそうに僕たちに説明してくれました。

ならば我々、販売スタッフはその娘さんを本当にお似合いのお相手に紹介して送りだして上げる事。
高い技術力の元、拘わり抜いて作られたメイド イン鯖江のメガネ。

最後になりますが今回、工場を見学させていただいた
谷口眼鏡さま佐々木セルロイドさま ありがとうございました。
勉強になりました。

あと谷口眼鏡からは、久しぶりにキッズ用の新作フレームが出ます。
より良いものをと拘わり抜いて作られているので、
予定より入荷は少し遅れていますが
それだけレベルの高いものをお届け出来ると思います。
また入荷しましたらこちらのブログでご紹介させていただきます。

とても長いブログになってしまいましたがw
最後まで読んでいただきありがとうございました (*´∀`)





by neuekids | 2019-02-16 10:10 | 日記 | Trackback | Comments(0)

メガネの産地 鯖江 工場見学 その1

節分の豆まきでは鬼の役でした。
キッズスタッフ川内です。

前回のブログでも告知しておりましたが、
今回はお店を少し早めに閉めて、キッズスタッフと渋谷社長の5人で、
福井県は鯖江の眼鏡工場の見学に行って来ました。
鯖江と言えばメガネの聖地。日本製のほとんどのメガネはここ鯖江で作られています。

こうやってメガネを販売させていただく現場にはいますが、
フレーム工場の見学などは僕にとっては初めての経験です。
(レンズ工場の見学は以前に行かせていただいたのでよければこちらもどうぞ)
 HOYAレンズ工場見学IN長野

大阪からサンダーバードに乗り込んでいざ福井へ。
ワクワクしますね。
電車に揺られて約2時間。あっという間に福井に到着。
道中、ほとんど寝ちゃってたので実際はワクワクってかずっとウトウトしておりましたw

福井と言えばフクイサウルスで有名ですが、改札を出たら恐竜さんがお出迎え。

e0200978_00363255.jpg


駅から街へ一歩踏み出してもごらんの通り恐竜さんがいっぱい。

e0200978_00364006.jpg

ちなみに手前の立派な恐竜は動きます。そして鳴きます。
恐竜の咆哮は福井の寒空に吸い込まれていました。

時刻はすでに8時過ぎ。この日はすでに工場も閉まっているので、
ホテルにチェックインして夕食に。
軽く福井の街を散策します。
入ったお店は地元の定食屋さんっぽいところ。
その店構えよりもずっと明るくて広い店内で迷わず選んだものはこれ。

e0200978_00363679.jpg

ソースかつ丼とおろしそばのセット。
食べたかったんです‼ ずっと食べてみたかったんです!!
薄めのかつと衣に馴染んだ酸味のあるソースはご飯によく合います。
美味い!!
おそばも腰があって美味い!!
関西にいるとなんかうどん中心なっちゃうんですが、こっちのおそば美味いです!!
満足です。満腹です。

ホテルに戻ると食堂にて何やら時間限定でラーメンの無料サービスをしている模様。
この時間、小腹が減ってくる時間だもんね。いいサービスです。
僕自身はさっき食べたばっかなので小腹まったく減ってませんが、食します。
あっさり醤油味のスープに細麺なので小腹減ってなくてもツルツルいけます。
ごちそうさまでした!!

ってここまで書いてて思いましたが、
なんだか食べ歩きブログみたいになってしまいましたが1日目は以上です。

次回はちゃんとタイトル通り工場見学レポートです。



by neuekids | 2019-02-09 10:10 | 日記 | Trackback | Comments(0)

2月5日 営業時間変更(17時まで)のお知らせ


いつも当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

2月5日(火)は社員研修のため、
ノイエキッズ神戸元町本店の営業時間を
10:00~17:00まで とさせていただきます。

お休みいただいて、スタッフ一同 福井の鯖江へ。
眼鏡工場の現場を見学させていただくことになっております。


いつもご来店いただいているお客様にはご不便をおかけすることになりますが、ご了承いただきますようお願い致します。





当店で大人気のomodok
新作入荷してきております。
詳細はまた別でアップさせていただきますが、
e0200978_14304766.jpg
従来品番 2本を除いて完売。
メーカー入荷予定も2月末となっております。
フルバリエーション揃うまでもうしばらくお待ちくださいませ。






by neuekids | 2019-02-04 14:35 | Trackback | Comments(0)

神戸元町商店街 こどもメガネ専門店 ノイエ・キッズ
by neuekids
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

公式HP

【こどもメガネ専門店】
ノイエ・キッズ
【姉妹店】
メガネ工房ノイエ

最新の記事

最新のコメント

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな