こどもメガネ専門店 ノイエ・キッズ スタッフブログ

強度遠視の方に キャタラクトレンズ

こんにちは
すっかり寒くなりまして、
街のところどころでクリスマスソングが聞こえるようになってようになってきましたね
みんなの楽しみなクリスマスまであと少し♪
店長もクリスマスパーティーを楽しみにしてます



さて今回も、ちょっとコアなレンズについてお話

「強度遠視なのですが、作成はできますか?」

眼科さんや、お客様より時々あるお問い合わせです。


いわゆる一般的に

弱度 S+0.25D +3.00D未満
中度 S+3.00D以上 +6.00D未満
強度 S+6.00D以上
※D(ディオプトリー)は、近視や遠視の強さを表すときの単位

となりますが、稀にこれより強い度数の処方箋をいただきます。

S+12.00までなら、単焦点レンズでも作成できるレンズはあるのですが

この度数を超えてくる処方もございます。S+20.00Dを超える度数もちらほら



お子様の場合でも、先天白内障術後などで必要な場合があります。

その症例に対応できるのが、

キャタラクトレンズ

cataract lens


なぜ、キャタラクトレンズというのか

それは、英語でcataract」 

というのは日本で言う 「白内障」

昔といっても約30年前は、今は常識となっている眼内レンズもまだ出始めだったそうで、まだまだ世の中に浸透する前…

白内障術後は、目の中にある水晶体(約20D)を取り除いてしまうために網膜に焦点が全く合わなくなってしまうので、水晶体の代わりに用いられたレンズでした。




ちなみに加工する前はこんなレンズ
e0200978_293226.jpg

分かりやすいように言うと
真ん中(光学中心)が目玉焼きか、UFOみたいな形
e0200978_29145.jpg



それをフレームに合うように削っていきます
e0200978_29488.jpg

(こども枠に狭いPD、加工が難しいですが、、、綺麗に仕上げますよ)

フレームに入れるとこんな感じ
e0200978_2102652.jpg

この症例は顔幅の割にPD(瞳孔間距離)が狭く、境目が分かるようになってますが、薄さ重視で内径を小さくしています。

眼科医よりハードコンタクトも勧められ、されていたそうですが、お子様には取り扱いが難しく、すぐに破損されていたようです。


上から見ると
e0200978_2105363.jpg

凸レンズの形状上、どうしても前に飛び出してしまいますが、、、

度数の割には薄く仕上がります。こちらはHOYAのレンチキュラー(屈折率1.5)で度数は「S+18.50D」


ちなみに屈折率1.67だとこの仕上がり
e0200978_15215112.jpg

しかもこちらは度数が「S+21.00D」


画像では若干分かりにくい?かもしれませんが、実際にサンプルをお見せします


キャタラクトレンズの中でも、当店は日本レンズとHOYAの2社

屈折率1.5 、超薄型の屈折率1.67 も含め、全5種類を取り揃え

処方度数やフレーム形状・フレームサイズ、お財布との相談により、レンズを決定していきます。
今や完全な特殊レンズとなったキャタラクトレンズ

分からないことだらけだと思いますので、ご丁寧に説明差し上げますので、ご安心を。
お子様にとって負担の少ない物を選んで、治療に役立てましょう。
[PR]
by neuekids | 2015-11-18 02:18 | レンズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://neuekids.exblog.jp/tb/23879482
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

神戸元町商店街 こどもメガネ専門店 ノイエ・キッズ
by neuekids
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

公式HP

【こどもメガネ専門店】
ノイエ・キッズ
【姉妹店】
メガネ工房ノイエ

最新のコメント

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな